FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tdb7814.blog.fc2.com/tb.php/24-0603a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイドルについてなんとなく考えた話

 最近なにかと話題の「AKB坊主謝罪騒動」。

 私は全くAKB48に興味がないため、この件についても特に思うところはなかったものの、この事件(というほどのものかと思うところもありますが、芸能界やファンの間では、おそらく、大事件なんでしょう)にともなって「アイドルの恋愛について」「アイドルが恋愛したらいけないのか」などの言及が多く出てきたことに関して、興味深いと思いました。

 まずここで言っておきたいのは、今回問題なのは「お泊まり報道に関する本人・事務所の対応は適切だったのか」ということです。しかし現在、何故か「女性が坊主になること」「AKBシステムへの批判」「体罰」「アイドルの恋愛」へと、論点がすり替わっています。

 その点を明確にした上で、今回は「アイドルと恋愛の関係」について話を進めていきます。

 今回の騒動で特に興味深いと思った点は「アイドルが恋愛できないのはおかしい」という言及が出てきたことです。「アイドルは恋愛禁止」という観念は自明のことであると思っていた私にとって、今更こういうことを言い出す人はいないと思っていたので、驚きました。もちろんその観念に対して以前から疑問を感じていた人もいるのでしょうが、ほとんどは恋愛禁止が通念として成立していることを理解していない、もしくは、その通念はアイドルによっては当てはまらないと思っているのでしょう。

 しかし私に言わせれば、それは間違っている認識です。「アイドル」を名乗ったからには「恋愛禁止という通念」はすべてのアイドルにおいて適応されるのです。これは、いつの時代もアイドルの交際についての報道が騒がれることからも明白であると言えます。

 アイドルという言葉は、偶像という意味の「idol」から来ています。そこからさらに人気者、魅力のある人物、スター性のある、といった意味が加わり、日本独特の文化として定着し今に至ります。

 例えば松田聖子さんや山口百恵さんなど(もちろんそれ以前も)「アイドル」という言葉は、ずいぶんと昔から使われていました。そして昔から、アイドルに対して「恋愛を望まない・許さない」という声が多く見られたことからも「アイドルは恋愛禁止である」という考え方・捉え方は、通念として存在することがわかります。

この通念は「アイドルは崇高であり、誰のものでもない」という考えによるものと考えます。

 崇高であるという言い方は少々大げさかもしれませんが「アイドルという存在に対しては、誰もが不可侵である」というイメージが存在していると思います。本来のアイドルの語源である「偶像」に近いものがあり、ファンもそれを理解した上で、そのイメージを共有しています。いくつか考えられますが、ひとつに「アイドルは若い女性であるため貞操を守る意味でも、みだりに近づくもの(特に男性)を許さない」という理由が挙げられます。(しかし同時に「だからこそ自分のものだけになって欲しい」という欲望によって動く、一部の熱狂的・カルト的なファンを生むことにもつながっています。)

 その考え方によって、結婚・恋愛したことを機に、あるいは結婚・恋愛をしたことによって、アイドルを辞めた事例は少なくはありません。言い方を変えれば、結婚・恋愛をしたことによって(つまり特定の人のものになってしまった時点で)アイドルではなくなるとも言えるでしょう。例えば山口百恵さんは三浦友和さんとの婚約発表と同時にアイドル(芸能活動)を引退しています。

 私の「アイドル」への見解は以上ですが、ここで、ひとつの反論が予想できます。「AKB48は今までのようなアイドルではないから、この通念は当てはまらない」という反論です。確かにAKB48は「新しいアイドル」として人気ですが、本当に「新しい」のか疑問を感じます。

 AKB48は「新しいアイドル」として人気を得て不動の地位を獲得しました。確かに、ただの少女からアイドルへの変貌を見せたり、会いに行けるアイドルとしてライブハウスからの活動を行うなど、今までのアイドルのデビューの仕方とはだいぶ違っています。アイドルのアイドルでない一面を見せるAKB48の試みは、大きな試みだと言えるでしょう。

 しかし、今までのアイドルと違うところは、デビューまでの道のりを見せたところであり、最終的にたどり着く先は、これまでのアイドル像となんら変わりません。よって通説はAKB48にも、全く問題なく当てはまるのです。また、これまでとは違うAKB48の「アイドル」に対する新たな試みには、予想以上に大きなリスクがともなっています。それは、最近のAKB48の騒動や批判を見ても明らかです。


 以上で私のアイドル論を終わります。

 もっと簡単に書く予定だったのに、こんなに長文になるとは・・・。

 私は聖子ちゃんより山本リンダの方が好きです。



    [目次に戻る]




コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tdb7814.blog.fc2.com/tb.php/24-0603a34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

TAIGA=DYNAMITE

Author:TAIGA=DYNAMITE
東北生まれ東北育ち。
好きなものは和菓子。
嫌いなものは暑さ。

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。