FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C28]

リマスターされましたが、残念ながら今回も日本語なしですね。
PS4とVitaでの日本でもリリースもさっぱり予告もされません。

http://store.steampowered.com/app/316790/

[C29] >>28

> リマスターされましたが、残念ながら今回も日本語なしですね。
> PS4とVitaでの日本でもリリースもさっぱり予告もされません。

うーん、楽しみにしてたんですが、残念です。

PC版がプレイできるのがまだ救い・・・なんですかね。

コメントありがとうございます。

情報の少ないゲームですので、助かりました。
  • 2015-01-28 10:19
  • TAIGA=DYNAMITE
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tdb7814.blog.fc2.com/tb.php/64-132a0ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

傑作ゲーム 「グリム・ファンダンゴ」





グリム・ファンダンゴ

グリム・ファンダンゴ (Grim Fandango) というゲームをご存知でしょうか。

1998年のアメリカのPCアドベンチャーゲームなのですが、日本ではあまり知られていません。

しかし、海外での評判はとても高いです。

下手すると1,2を争うほどの傑作ゲームです。


受賞した代表的な賞はこちら。

 1998 Adventure Game of the Year (PC Gamer)

 1998 Best Adventure Game of the Year (IGN)

 1998 PC Adventure Game of the Year (Game Spot)

 1998 Best PC Graphics for Artistic Design (Game Spot)

 1998 Best PC Music awards (Game Spot)


 1999 Ten Best PC Game Soundtracks (Game Spot)

 1999 Game of the Year
      (Academy of Interactive Arts & Sciences Annual Interactive Achievement Awards)


 2003 Greatest Games of All Time (Game Spot)

 2003 Most Underrated Game of All Time (Game Spy)


 2004 Hall of Fame (Game Spy)

 2004 Top Adventure Game of All Time (Adventure Gamers)


 2011 Top 100 All-Time Adventures (Adventure Gamers)


簡単に言えば、その年のゲーム大賞を総ナメした上に、

各ゲーム誌の永遠の名作・殿堂入りを果たしています。

2011年の Top 100 All-Time Adventures (Adventure Gamers) では、

なんと1番目に輝いています。


ちなみに制作会社は、名監督ジョージ・ルーカスが設立したゲーム開発会社「ルーカス・アーツ」。

納得のスケールとエンターテイメントですね。


そんな素晴らしいゲームですが、なぜか日本語化はされていません。

なぜだろう・・・(´・д・)?


前置きはこれくらいにして、どんなゲームなのかを紹介していきます。


死んだ人間は永遠の安らぎの地「第9冥界」へと危険な旅をしなければならない。

ここ死者の国には、徒歩で4年の旅路を急ぐ死者達に、

彼らにふさわしい旅行パッケージを売る会社「Department of Death」(略してDOD)があった。

主人公マニー・カラベラはDODの営業マン。

来る日も来る日も、ロクでもない客ばかり相手にしている。

先の見えないどん詰まりの毎日。

そんな中、物語は静かに、劇的に動き出す・・・。

                   ニコニコ動画 「グリム・ファンダンゴ」 実況プレイ 動画説明文より



タイトルの GrimReaper(死神) + Fandango(馬鹿騒ぎ) や、

記事のはじめの画像からもわかるように、

死者の国を舞台としたアドベンチャーゲームです。


ファンダンゴでピンと来る方もいるかもしれませんが、

メキシコ(ファンダンゴはメキシコの音楽のひとつ)のテイストが幾つか見られます。


主人公の骸骨は、メキシコの祭りで用いられる骸骨人形「カラカ」をモチーフとしていますし、

鮮やかな色彩はメキシコの香りを感じさせます。

音楽にも、タイトルの一部でもあるファンダンゴや、伝統的な楽隊マリアッチが使われていますね。


※サウンドトラックはこちら。




そして何よりの魅力は、独特の世界観と、映画のような粋な台詞回し。


たくさんのキャラクターが次から次へと飛び出しますが、その誰もが個性的で、

一度見れば忘れられないようなキャラクターばかり。


ストーリーのスケールも大きく、主人公カラベラが長い年月をかけ、いくつもの街を訪れ、

ヒロイン メルセデス・コロマーのために、様々なキャラクターと出会いながら旅を続けます。


大道芸人で溢れかえるパレード、オフィス街、カジノの街、でっぷりと太ったいかにもな悪役

お調子者の相棒、世界の最果てにある島、死の森、謎の秘密結社―――

思わず冒険心をくすぐられます。


加えて魅力的なのは台詞回し。

まるでクエンティン・タランティーノ映画のような、毒気のあるウィットに富んだ台詞の数々。

素敵です。



そんな魅力あふれる傑作ゲーム「グリム・ファンダンゴ」を実際にプレイせずとも楽しめる

プレイ動画が、ニコニコ動画にありますよ、奥さん。




ろへい さんという方がプレイしています。

ゲームのプレイ動画と聞いて馬鹿にしたあなた、そこらのプレイ動画とは違うんです。

プレイヤーの音声は時々解説が必要な時に入る程度なので、

従来のプレイ動画のような、うざさは感じません。

一度クリア済みのゲームをもう一度プレイして収録しているため、

途中で謎が解けずにもたもたしない親切設計。

じっくりゲーム中の画面と会話に集中でき、本当に映画を見ているかのようです。

もちろん台詞の日本語訳もあります。

翻訳もいい仕事してます。絶妙です。


合わせて解説が載ってある ろへい さんのブログもオススメです。

「グリム・ファンダンゴ」を日本で紹介&解説しているのは、

おそらくこのサイトだけかと思われます。



このゲーム知ってる? Grim Fandango
 http://advgamers.com/blog-category-6.html

※新しい記事から順に掲載されています。古い記事は後ろの方にあります。




こんな感じでオススメ傑作ゲーム「グリム・ファンダンゴ」の紹介でした。

何も魅力が伝わらなかった方、ごめんなさい。

しかし、このゲームは見ても損させないゲームだと思います。

ぜひ一度 ろへい さんのプレイ動画、見てみてください。

ちょっと長いですが、とっても面白いです。

ぜひ。




     [人気の記事一覧に戻る]


     [目次に戻る]




コメント

[C28]

リマスターされましたが、残念ながら今回も日本語なしですね。
PS4とVitaでの日本でもリリースもさっぱり予告もされません。

http://store.steampowered.com/app/316790/

[C29] >>28

> リマスターされましたが、残念ながら今回も日本語なしですね。
> PS4とVitaでの日本でもリリースもさっぱり予告もされません。

うーん、楽しみにしてたんですが、残念です。

PC版がプレイできるのがまだ救い・・・なんですかね。

コメントありがとうございます。

情報の少ないゲームですので、助かりました。
  • 2015-01-28 10:19
  • TAIGA=DYNAMITE
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tdb7814.blog.fc2.com/tb.php/64-132a0ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

TAIGA=DYNAMITE

Author:TAIGA=DYNAMITE
東北生まれ東北育ち。
好きなものは和菓子。
嫌いなものは暑さ。

最新記事

検索フォーム

最新トラックバック

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。